« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年3月

2006年3月27日 (月曜日)

仕事がドンドン

教員は,長期休みがあっていいなと言われていますが,今はそんなことないですよ

さと,土曜日と日曜日が終わって,出勤です。机の移動があったので,LANケーブルをいったん集めていて,それをスイッチングハブからの距離を考えながら配布しました。半数以上の人がネットワークに接続するようになりました。

Winnyが話題にのぼっていますが,PCを持ち帰る人は多くはないので,職場と自宅の持ち帰りをされる方は少ないと思います。

さて,実際の仕事は,指導要録へのデータを入力し,出力,確認をします。また,机の周りを片づけていると,疲れて寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期演奏会

吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。

普段、音楽をよく聞く方ではないので、こういう機会でもないと行かないかな。ただ、今日は娘がぐずっていたので出かけるのを躊躇する気持ちもあったのですが。

OB、OGが入っての人数が多くなると、迫力というのか音に強さが出てきますね。

イムジチの四季をみなとみらいホールで聞いたときは、4・5人だった(詳しくないでしょう)と思いますが、良かったですが。

春休みに入りましたが、年度末の処理と、年度初めの準備とで、休んでいる暇はないですね。本当に、アメリカみたいに、9月はじまりで、2ヶ月近い夏休みが、年度の切り替えだと余裕ともって過ごせるのでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月 4日 (土曜日)

入選作業が終了

長かった入選作業が終わりました。

神奈川県の入試は、前期試験と後期試験と、2回行われます。

前期は、学校によりですが、面接を中心として行われています。願書の受付から面接試験まで1週間で次の週には発表とあわただしく過ぎ去ります。その間、入選委員の先生は、授業や他の校務をしながら、作業をし遅い時は、10時に学校を出ました。また、土曜日も1日学校にいて作業をしていました。ここが、本当にしんどい時です。

後期は、試験が行われます。学校独自の試験問題で行うところもあります。日程は、志願変更があるので、試験まで前期より長くあり、また、試験の解答にミスがあったりすることがある(今年はなかったです)ので余裕があります。なので、前期よりは厳しくないのですが、データを処理する担当は、さらに遅くまで仕事をしています。

当然のことながら、データの処理や採点にミスが許されませんので、何度も点検をします。神経は疲れるし、教員の年齢は上がっているしつらい作業です。簡略化できるものがあればしてほしいものです。たとえば、入試は、センター試験と同じようにマークシートにしてしまうとか。

試験の時に、在校生は、二日ずつ2度の家庭学習がもうけられ(実際は遊んでいる?)います。学年末の試験が近づいて授業を追い込みたい時になかなか集中できない状態になるので、それもどうかなと思うことがあります。

ちょっと、入選が終わってほっとしたので、書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年6月 »